相続に関する基礎知識とは?

query_builder 2023/07/22 税金

この記事では、相続に関する基礎知識について紹介します。相続とは、亡くなった方の財産や権利が、遺族や親族に引き継がれることを指します。具体的な手続きの流れを知ることは、相続手続きを円滑に進めるために重要です。また、相続には税金の特例が存在し、相続税や贈与税の軽減や免除が適用される場合もあります。相続財産の分割方法も知っておくことで、家族間の紛争を未然に防ぐことができます。さらに、相続におけるトラブルを回避するためのポイントも紹介します。これらの基礎知識をしっかりと理解しておくことで、将来の相続に備えることができます。

相続とは

相続とは、人が亡くなった際に、その人が所有していた財産や負債を、法律に基づいて親族や配偶者、他の関係者に引き継ぐことを指します。

相続には法的な手続きが必要であり、亡くなった人が遺言を残していた場合には、その遺言書に基づいて分割が行われます。遺言書がない場合には、法定相続として、近親者や配偶者に財産が分配されることになります。

相続には税金の問題も関わっており、相続税として一定額以上の財産がある場合には、その相続財産に対して税金が課されます。相続税の税率や控除の条件は法律によって定められており、相続税の申告や納税も必要です。

また、相続には遺産分割協議書の作成や不動産の売却など、様々な手続きやトラブルが発生することもあります。そのため、相続に関する基礎知識を持ち、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

相続は人生の一つの節目であり、遺産をどのように引き継ぐかは大切な問題となります。法律や税金の知識をしっかりと持ち、相続手続きを適切に行うことで、スムーズな相続を実現することができるでしょう。

相続手続きの流れ

相続に関する手続きは、まず①遺言書の確認から始まります。


遺言書があれば、原則的には遺言書の内容で相続人等に財産を受け継げます。

遺産分割協議の後に遺言書を発見した場合、再度遺産分割協議をする必要が出てくる恐れがあります。


②相続財産の調査を行います。

財産の内容がわかないと相続税の計算も出来ないですし、分けることも出来ません。


③相続人の調査

 相続人が誰になるのか?戸籍を確認して、相続人を調べます。


④遺産分割協議の開始

 財産と相続人が明確になれば、誰にどのように受け継ぐかを決めていきます。


※3か月以内に、相続放棄を検討

 相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産も相続しないで、すべて放棄する制度です。

 借金がプラスの財産よりも多いケースは、こちらの利用を検討する必要があります。


⑤遺産分割協議書の作成(10カ月以内)

 ここで、【誰が、どの財産を、どのくらい相続するのか」を明確にします。


⑥相続税の申告(10カ月以内)

 相続税がかかる場合は、10カ月以内に申告・納税をする必要があります。


以上が相続手続きの大まかな流れです。ただし、相続手続きには個別の事情によって様々な手続きが必要な場合がありますので、まずは専門家に相談して進めることをおすすめします。

相続における税金の特例

相続する際には、相続に関する税金を支払う必要がありますが、一定の条件を満たす場合には特例が適用されます。


【基礎控除】

3,000万円+600万円×法定相続人の数

原則、この金額を超えると相続税が加算されます。


【配偶者控除】

配偶者が相続した遺産のうち、課税対象となるものが1億6千万円までであれば、相続税が課税されない制度


【小規模宅地等の特例】

ご自宅部分を【特定居住用宅地等】として330㎡まで土地の評価額を80%評価減することができます。


相続税の控除は他にもさまざまものがありますが。

代表的な控除3つを紹介ました。


相続における税金の特例は、その条件や具体的な内容が複雑であり、個別の相続の状況によって異なる場合があります。したがって、相続を予定している方は税理士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。相続税の特例を活用することで、税金の負担が軽減される可能性がありますので、専門家とよく確認をして手続きをとりましょう。

相続財産の分割方法

相続財産の分割方法は、家族間で話し合いを行い、合意に達することが最も重要です。まずは、相続財産を公平に分ける方法を考えることが必要です。

一般的な方法としては、まずは相続財産を評価し、市場価値を把握することが重要です。その後、家族間での意見を尊重しながら、財産を均等に分けることが望ましいです。

また、相続財産には現金や不動産、株式など様々な形で存在する場合があります。そのため、分割方法も財産の種類に応じて考える必要があります。

一部の相続財産は家族の間で共有することも可能ですが、家族の人数や相続人の希望などによっては、財産を売却して現金化することも選択肢の1つです。

分割方法に関しては、法律や税金の専門家に相談することも大切です。相続税や贈与税の問題など、財産の分割には多くの法的なルールや制約が存在するため、専門家の助言を得ることで円満な分割ができるでしょう。

相続財産の分割方法は、家族の関係や個々の事情によって異なる場合があります。しかし、誠実な話し合いと専門家の助言を得ることで、円滑な分割が実現できるはずです。

相続におけるトラブルの回避方法

相続におけるトラブルの回避方法は、遺産分割や相続税の申告など、さまざまな手続きを適切に行うことが重要です。

まず、遺産分割についてです。相続人同士が意見の対立を起こさぬよう、事前に話し合いを行い、遺産分割協議書を作成しましょう。これにより、相続人間での紛争を未然に防ぐことができます。

また、相続税についても注意が必要です。相続税の申告漏れや申告書の不備は、トラブルの原因となることがあります。専門家のアドバイスを受けつつ、相続税の計算や申告手続きを正確に行いましょう。

さらに、遺産分割や相続税の手続きだけでなく、遺言書がある場合は遺言通りに財産を分けることも大切です。遺言書がない場合でも、相続人間での合意を尊重することが求められます。

さらに、相続においては、不動産の評価額や相続人の地位・権利など、複雑な問題も発生します。これらの点については、専門家の助言を受けながら解決策を見つけることが重要です。

相続におけるトラブルを回避するためには、適切な手続きやアドバイスを受けることが不可欠です。遺産分割や相続税の問題に関しては、弁護士や税理士などの専門家の力を借りることをおすすめします。トラブルを未然に防ぐことで、相続に関する悩みやトラブルを避けることができます。

----------------------------------------------------------------------

ハウスドゥ蒲生駅前

住所:埼玉県越谷市蒲生茜町19-1井上ビル1F

----------------------------------------------------------------------